不妊に有効な漢方とは?

病院へ行き不妊の原因があるか診てもらい、女性特有の病気が見当たらなかったにも関わらず妊娠できない…。

 

実際に不妊治療をはじめて、基礎体温を計ったり、排卵検査薬を使ってのタイミング法をとったりしてみても結果が出ない…。

 

そんな場合は、漢方薬を使って体質改善する方法もあります。
漢方薬の服用は不妊治療そのものと言うより、妊娠しやすくするための身体へと導いてくれる役割の担い手。

 

漢方の基盤となる中国医学の考え方では、「気・血・水」のバランスを保っている状態が健康だと考えられています。
そして、人それぞれ証(しょう)と呼ばれる体質があり、生理の時に出る症状などによって見極めることが可能。
その体質によって、活用するべき漢方薬の種類もさまざまです。

 

漢方はどれが不妊に効くというわけではなく、一人ひとりの体質によって効果的なものが違うと言えます。

おすすめの漢方4選

漢方薬は、日々の生活の中で服用することにより、冷えの改善、お血を取る、胃腸の状態を良くする等の効果が期待できます。

 

漢方薬は、毎日同じ種類の薬を飲む方法と、周期調節法と言って月経期、卵胞期、排卵期、黄体期(高温期)とで種類を分けて服用する方法があります。
不妊に効果があるとされる代表的な漢方薬は以下の通りです。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

色白で華奢な体型、冷え性、貧血、頭痛、肩こりがある人に。

温経湯(わかんせん)

虚弱体質で、手や足にほてりがあり、下腹部が冷える人に。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

体質が中程度から強い人、冷えとのぼせが共存している人に。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

比較的虚弱体質で、不安やストレス、不眠症状がある人に。

 

その他にも、不妊に効果があるとされる漢方薬にはさまざまな種類があります。
医師や薬剤師と相談の上、自分の体や生活スタイルにあった薬を服用してください。

 

妊娠するためにすぐ実践できる妊活スタートガイドはコチラ>>